とじる

トップページへ

私たちのとりくみ -活動紹介-

九州Love Milk Clubとは

負けるな、牛乳。

酪農教育ファームの取り組み

食育への取り組み

動画ギャラリー

おうちで牛乳が飲めるまで

ミルとミク -キャラクター紹介-

牛乳のチカラ -栄養とマメ知識-

牛乳の5大パワー

牛乳のフシギ

カンタン牛乳レシピ -レシピサイト-

九州の牛乳たち -メーカーパッケージ一覧-

CMギャラリー -ミルとミクのシリーズCM-

とじる

牛乳のチカラ

牛乳の5大パワー

牛乳は、同じカロリーの他の食品を食べるよりも効率的に栄養を補給できる、栄養密度※の高い食品です。例えば、牛乳コップ1杯で、1日に必要なカルシウム量の約1/3や良質のたんぱく質、ビタミン類など、身体に必要な栄養素を効率的に摂ることができます。

※「栄養素密度」とは?
食品のエネルギー100kcalあたりに含まれている栄養素の量のこと。少ないカロリーで栄養素が豊富な牛乳は、栄養素密度の高い優れた食品といえます。

1.美容とダイエットに!

牛乳には、成長を促し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。「美容ビタミン」とも呼ばれるビタミンAやビタミンB2、便秘を助ける乳糖がたっぷり含まれています。ダイエット中こそ、牛乳でしっかり栄養補給を。

2.免疫力アップ!

牛乳のたんぱく質は、子どもの成長・お年寄りの健康維持の強い味方です。子牛を育てるための栄養源である牛乳には、病原菌と戦う抗体を増やしたり、病原菌に感染した細胞の繁殖を防いだりと、免疫力強化の働きがあります。

3.不眠・イライラ解消!

寝つきが悪い方には、就寝前のホットミルクを。牛乳のたんぱく質が分解される時にできる「オビオイドペプチド」には、鎮静作用があり、安らかな眠りを助けてくれます。イライラしがちな人のカルシウム補給にも。

4.肥満・メタボを防ぐ!

牛乳には、メタボや肥満を予防する働きがあります。女性の場合では、中性脂肪が低下し善玉コレステロールが増加したという報告も。食欲がない時や外食で偏った食生活の栄養補給、運動後の疲労回復にも適しています。

5.二日酔い対策に!

お酒の前後に飲むことで、牛乳に含まれる良質のたんぱく質や脂質、ビタミンなどが、アルコールの速やかな分解を助けてくれ、弱った肝臓の修復にも効果的です。